Life is very short

人生なんてあっちゅうま

時の移ろい

 

昔、行きつけだったお寿司屋さんがひっそりと閉店していた。

 

60ぐらいの親父さんとおかみさん二人だけで切り盛りしていたこじんまりとしたお店。

 

昼時はいつも満席だった。

 

閉店の事実を知って、何だか、胸が締め付けられた。

 

僕の日常だったものが消えていく。

 

何だか寂しいね。